ワークライフバランス優先主義!

働きながらしっかりと育児をするコツ

現代は経済的な問題から、子供が生まれた後でも仕事を続ける人が多いです。シングルはもちろんのこと、夫婦でも共働きが多くなり、育児との両立が重要な課題となっているでしょう。そういった状況の中で介護業界は早くから子育て世帯が働きやすい環境づくりを行っています。理由としては人手不足の解消として子育て中の主婦層をターゲットにしているからです。フルタイムで働く人に向けて時短勤務を取り入れたり、託児所を備えたりといった努力を行っています。

ただ介護職というのは想像している以上に肉体労働の面が強く、働きやすさが整備されていても本人の疲労は大きいもので、家事との両立を考える場合は、一人で抱え込むのはよくありません。夫婦の場合はそれぞれで協力する、シングルの人も外部のサービスを積極的に利用するようにすると、負担を軽減することが可能です。大切なのはすべてを抱え込まないようにし、パートナーがいる方は、貸家育児を分担させる方法を考えておくと良いでしょう。

責任感の強い人ほど自分だけでなんとかしようと考えてしまいがちですが、それは間違っています。無理をすると疲労が少しずつ蓄積されていくので、注意が必要です。ストレスの解消と負担を軽減する方法を知っておくと、仕事に関しても長く続けることができますし、育児や家事に関しても嫌にならずにすみます。どれも一時的なものではなく、長期的に考えなければならないことなので、無理は禁物です。自分にとって楽になれる環境を作り出す工夫こそ、育児と仕事の両立には必要不可欠なのです。

home